iライン脱毛に関する失敗談・体験談

Iライン脱毛での失敗談

Iライン脱毛に通うも、お店の雰囲気が自分に合わなくてガッカリ…

 

早川恵・31歳・スポーツインストラクター

 

仕事柄、水着を着たり、レオタード姿にもなるので、Iラインの脱毛を前から考えていました。
自分で処理するのは怖いし、でもむだ毛はすごく気になっていたので。

 

デリケートな場所ですから、サロンは慎重に選んだつもりです。
施術の技術が大切だと思って、電話でもけっこう突っ込んだ質問とかして、その対応が一番良かった所に行ってみました。
サロンに足を踏み入れた瞬間に「失敗したかな」と正直思いましたね。
なんていうか、サロンそのものがあまりきれいではなかったんです。
一応清潔感はあるのですが、なんとも殺風景で、それならそれでシンプルに徹していればいいのですが、
なぜか毒々しい造化とかが飾られていて……。受付の棚には派手な壷が飾られていたり、
トイレのタオルとか貰い物らしく店の名前入りだったり、一言で言うと趣味が悪い!

 

実際の施術は悪くなかったと思います。
スタッフの人も気さくで、「こういう場所はお客様も不安でしょうけど、大丈夫ですよ」
なんて声をかけてくれて、紙のパンツをくれたので、それにはきかえて施術してくれるので、
まるっきり裸になるというわけでもないので安心もしました。

 

でも……。
やっぱり、「キレイ」になる為に通うサロンの内装というか、その雰囲気が悪趣味だったらやっぱり気持ちが萎えるでしょう。
スタッフは3人いましたが、その人たちの制服? ユニフォームもなんだかとてもセンスが悪かったです。
もったいないなぁ、と思いましたね。
腕も技術もあって、スタッフの気配りも満点なのに、部屋の雰囲気で台無しです。
あのセンスはいったいどこからくるのだろう、と帰りがてら、首をかしげてしまいました。

 

途中でやめるのも嫌だったし、Iラインはなによりスタッフの技術が大切だから、とにかく続けて通っています。
まぁ、部屋のセンス悪くても、脱毛の成果に関係あるわけではありませんから(笑)
実は途中で、やっぱり自分でやってみようかな、なんて思った事もあるんです。
でもなんといっても難しい場所で、むだ毛の処理といってもカミソリなんか使うのは怖くてできないし……、
デリケートゾーンはやはりプロの手にかかるのが一番だと思いました。

ただ、次に通うときは、やっぱり気分も爽やかになれる、ゴージャスなサロンにしたいなと思ってます。

 

 

>>自分が通いたいと思える脱毛サロンを探すならばこちら

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ