iライン脱毛でお勧めの方法

Iラインを脱毛するのどの方法がいいか比較しました

Iライン脱毛するならどの脱毛方法がおすすめ?

家庭用脱毛器編

 

iライン脱毛をするには結局のところどの方法が一番良いのでしょうか?

 

結論からいうと、やはりプロに施術してもらえる脱毛エステに行くのが
一番安全かつ効率的に処理できる方法ではないかと思います。

 

以下でカミソリ、家庭用脱毛器、脱毛エステのメリットデメリットについてまとめました。

比較の参考にしてみてください。

 

カミソリのメリットデメリット

iラインの脱毛は、費用面で言えばカミソリなどの自己処理が一番安くすむでしょう。

ただ、iラインは自分では見えない場所ですので
自己処理では傷つけたりする危険性が伴います

また、iラインの皮膚は柔らかく色素沈着しやすいという性質があります。

 

そのため、毛抜きなどでは痛みを感じやすいく、カミソリでは傷つけてしまう可能性が高くなります。

それにiラインの毛は濃くて太いので、カミソリの剃り後がポツポツとしたり、
生え変わりの頃にチクチクとしてかゆみが出たりもします。

費用は安くても処理後の見た目や処理中の危険性が伴うのがiラインの自己処理のデメリットです。

 

家庭用脱毛器のメリットデメリット

では家庭用脱毛器はどうでしょうか。

特にiラインは人に見られるのにとても抵抗を感じる部分でもありますので、
自宅で誰にも知られずに処理できるのが一番理想的な方法といえるでしょう。

実際にiラインの脱毛も可能な家庭用脱毛器も販売されています。

 

ただ、やはりiラインは非常にデリケートな部分なので、
家庭用脱毛器メーカーもiラインへの使用はあまり積極的に勧めていないというのが実際のところです。

つまり使用できない事はないが、リスクを伴う方法という事です。

 

特に光脱毛ができる家庭用脱毛器の使用には細心の注意が必要です。

最初にお話したようにiライン付近の皮膚は色素沈着しやすい性質があります。

つまり下着やカミソリなどの摩擦によって皮膚が黒ずんだ状態になりやすいという事です。

 

光脱毛の照射は黒い色素に反応して毛を処理するという方法で行われます。

そのため、もしもiラインの皮膚がひどく黒ずんでしまっていた場合には、
この皮膚の黒さに光が反応してしまい火傷などの肌トラブルを引き起こしかねません。

このように家庭用脱毛器でのiラインの脱毛は、
こっそりできるというメリット以上にデメリットの方が大きい方法と言えます。

 

脱毛エステのメリットデメリット

こうなってくるとやはりiラインの脱毛はプロに任せるのが一番よいという事になりますね。

脱毛エステでの施術は肌を守りながら行うというのが基本です。

そのため、自己処理の時のように傷つけたり、肌トラブルが起こる心配はほとんどありません。

 

人によっては施術方法が合わずにトラブルが起きてしまう場合もありますが、
事前にパッチテストなどもしてもらえますので基本的には安全です。

後は恥ずかしさという問題だけをクリアできればよいのですが、
この点に関しても多くのサロンが紙パンツの着用など
施術の際に恥ずかしい思いをしなくてすむような対策をしていますので
少し勇気だしてまずは相談してみる事から始めてみるとよいでしょう。

 

>>Iラインで人気の脱毛エステを探してみる

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ