iライン脱毛 カミソリ

Iライン脱毛を剃刀で行った際のメリットデメリットは

Iライン脱毛のメリットデメリット:カミソリ編

家庭用脱毛器編

 

iラインの自己処理の方法には、
カミソリ、ワックス、毛抜き、家庭用脱毛器など
たくさんの方法が挙げられます。

中でもカミソリを使って処理するという人が多いのではないでしょうか。

 

ここでは、カミソリなどを使用した自己処理での
iライン脱毛のメリットとデメリットについて見ておきましょう。

 

カミソリで脱毛するメリット

カミソリで脱毛する際のメリットには次のような点が挙げられます。

 

誰にも知られずにこっそり処理できる
費用があまりかからない

 

iラインはデリケートで皮膚も柔らかいので毛抜きを使うと痛みが生じる事が多く、
ワックスは手軽で便利だけれどもデリケートな部分に薬品を使用するのはかぶれなどが気になるので
やはり一番気軽に使えるカミソリを選ぶ女性が多いようですね。

カミソリを使って自己処理をすれば、誰にも知られずにこっそりとiラインのお手入れをする事ができます。

それに費用もカミソリ代だけで済みますので比較的安く済ませる事ができます。

 

ただ、次の項目で取り上げますが、
iラインをカミソリで処理する事にはデメリットの方が多いのでよくよく気をつける事が必要です。

 

カミソリで脱毛するデメリット

前述したように、iラインの自己処理にはデメリットが多いという問題点があります。

 

見えにくい部分なので傷つける危険性がある
粘膜を傷つけると感染したりする
剃り跡がチクチクする
色素沈着が起こりやすい

 

iラインをカミソリで自己処理するデメリットとしては、まず剃る事による傷が挙げられます。

 

iラインのお手入れをする際には鏡が必需品となります。

なぜならiラインは自分では直接確認できないからです。

そのため鏡などを使って確認しながら処理をしないといけません。

それにiラインのムダ毛は太くてバラバラの方向を向いて生えている場合が多いので
とても処理しにくい部分でもあります。

そのため、カミソリがあてにくく少し手元が狂うと皮膚を傷つけてしまう事になります。

特に粘膜の部分を傷つけてしまうと痛みだけでなく、
傷口が菌に感染したりして大変な事になる場合もあります

 

さらにカミソリで剃るとしばらくして新たに毛が生え始める頃になると
チクチクとしてかゆくなったりもします。

それに毛を剃ると毛先が鋭く尖った状態になってショーツから付き出たりする場合もあります。

こうなると少し生えたらすぐに剃って、また生えてきたら剃ってを繰り返さなくてはならなくなります。

 

すると今度は別の問題が発生します。

それは色素沈着です。

カミソリは予想以上に皮膚に負担をかけます。

このカミソリで剃る行為を何度も同じ箇所で行うとその部分の皮膚が摩擦されて色素沈着が起こるのです。

色素沈着した皮膚は黒ずんでしまい、一度こうなるとなかなか元には戻りません

せっかくむだ毛がなくなっても肌自体が黒ずんでしまったら元も子もありませんね。

 

>>肌トラブルを防ぐなら脱毛エステでプロにお任せ

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ