iライン脱毛 家庭用脱毛器

Iライン脱毛を家庭用脱毛器で行った際のメリットデメリットは

Iライン脱毛のメリットデメリット:家庭用脱毛器編

家庭用脱毛器編

 

iラインのむだ毛、何とかしたい。

でもカミソリで剃るとチクチクしたり、かぶれたり
何だか皮膚が黒くなったりしてうまく処理できない。

 

そんな悩みを抱えている女性は多いと思います。

そんな女性の味方となる家庭用脱毛器で脱毛する際の
メリットとでメリットについてまとめておきましょう。

 

家庭用脱毛器で脱毛するメリット

家庭用脱毛器で脱毛するメリットには次のような点が挙げられます。

 

自分で処理するので恥ずかしくない
カミソリなどよりも肌への負担が少ない
エステよりも費用がかからない

 

脱毛エステでiラインの脱毛を受けるには他の部位の脱毛を受ける以上に勇気がいりますね。

それはやはり恥ずかしさがあるからでしょう。

iラインはよほどの事がない限り人に見せるような部分ではありませんので、
いくら脱毛のためとは言え、決断をするには相当の勇気が必要なのです。

 

そんなiラインの脱毛、誰にも知られずにしかもキレイにできたらいいなと誰もが思うはずです。

他の部位ならばこうした場合、家庭用脱毛器が登場するのですが、
iラインの場合、家庭用脱毛器は使えるのか?という問題が出てきます。

 

現在発売されている家庭用脱毛器の中で
iラインにも効果が期待できるとされているのは数製品だけ
のようです。

これらの製品にはiライン専用のカートリッジが付属していたり、それなりの機能が搭載されています。

こうした機能がない製品でもiラインの脱毛ができたなんて口コミ情報がネットに掲載されていたりもしますが、
これはあくまでも個人の見解ですのであまり当てにならないと考えた方がよいでしょう。

 

とはいえiラインを脱毛できる家庭用脱毛器は一応存在していますので、
どうしてもエステに行く勇気がでないという人はこれを利用してみるのも1つの方法かもしれません。

誰にも知られずに自宅でいつでも処理する事ができますし、
カミソリや毛抜きを使うよりも肌への負担は多少少なくてすみます。

また製品にもよりますが、費用面でもエステにいって施術を受けるよりも多少安く済む場合もあります。

 

家庭用脱毛器で脱毛するデメリット

家庭用脱毛器でiラインの脱毛を行う際にはデメリットもあるという事をきちんと理解しておく事も大切です。

 

デリケートな部分なので火傷などに注意が必要

 

iラインの脱毛ができるとしている製品であっても、
デリケートな部分への使用はあまり推奨しないとしている製品も存在します。

それほど、iラインの脱毛は慎重に行った方がよいという事です。

 

特に光脱毛機器を使用する際は注意が必要です。

iラインの皮膚というのはもともと黒くなりやすい性質があります。

光脱毛の照射は黒い色素に反応して脱毛を行いますので、
黒ずんでしまった肌に照射すると必要以上に反応してしまい、火傷などの危険性も出てきます

使用する際には十分に注意する事が必要です。

 

>>脱毛エステと料金比較!Iラインでお勧めのエステ一覧

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ